Head commitment03
地域との共存・共栄

社会や環境に対する
責任

環境に負荷を掛けることなく、地域の活性化へ貢献していく。コミュニティーと連携して、さらなる発展を目指す。巨大なリゾート施設だからこそ、社会や環境への影響を常に考えます。

持続可能な施設として、
地域とともに歩む

統合型リゾートはその地域に少なからず影響を及ぼします。私たちはその地にIRを建設することにより、社会や環境に対する責任を担っていると認識しています。

例えば、現在、開発が進行しているボストンの「アンコール・ボストンハーバー」では、ミスティック川のウォーターフロントの建設現場で汚染土壌の浄化処理を行ってきました。この場所はハーバーウォークを通じ、当IRへつながる公園の敷地にあります。

ボストンの美しい景色を生かした海岸線の公園や庭園はリゾートの至宝と言えます。ハーバーにつながる歩行者レーンと自転車レーン、ピクニックエリア、展望デッキ、イベント用芝地、レストランは美しい景色を織り成し、これらのさまざまな施設には世界中の人が集まり、地域社会や経済を活性化させるでしょう。

このエリアに新たな息吹を送り込むと同時にインフラ整備も行うことで、ウィン・リゾーツは地域社会と協力しながら、都市交通の渋滞や排出ガスの削減を目指しています。ボストンハーバーに面するリゾートのエントランスまで、ゲストや従業員はヨーロッパ風の低いボートを使った水上交通システムでアクセスできるのです。

ほかにも、水の消費量を削減するために独自で人口芝を開発するなど、持続可能な施設として整備し、それぞれの地域の活性化へ向けて貢献していきます。

  • Coexistence integrated 01