header

地域融合型リゾート

ウィン・リゾーツが考える「地域融合型リゾート」とは

宿泊や飲食施設、会議場、展示場などのMICE施設に加えて、
カジノやエンタテインメント施設を包含する統合型リゾート(IR)は、施設内容の多様性や総合力によって
経営手腕次第では一般のMICE施設以上の収益を創出することができます。
しかし、ウィン・リゾーツが目指すリゾートとは、単にそのリゾート施設だけの利益を求めるのではなく、
リゾートのお客様を地域に還元し、地域の魅力を高めてリピーターを増やすことによって、
リゾートの価値も向上させるというものです。

マカオのコタイ地区にある「ウィン・パレス」では、噴水ショーが行われるパフォーマンス・レイクの中央にLRTの駅が建設中です。そこからは歩道を通って「ウィン・パレス」だけでなく、シティ・オブ・ドリームス、ハイアット、MGMなどのリゾートにも行くことができます。 「ウィン・ボストンハーバー」では化学工場による汚染の浄化活動が行われ、周辺エリアが再生されました。

さらに、ホテルやカジノ客以外の一般の人々も楽しめるウォーターフロントの開発、様々なショップやレストランの建設、遊歩道の設置により、市が誇るレクリエーションエリアが誕生します。

このように自社のひとつのリゾートだけで街の魅力を向上させるのではなく、 街全体、地域全体の魅力を底上げするための核となるようなリゾートを日本でも建設しようと考えています。
このような当社独自の概念を、ウィン・リゾーツでは「地域融合型リゾート(Integrated City Resort)」と呼んでいます。

ウィン・ボストンハーバー

ウィン・リゾーツでは現在、次なる統合型リゾートを米国マサチューセッツ州の都市、ボストンで開発中です。ミスティック川沿いのウォーターフロントに位置し、ボストンハーバーを望む「ウィン・ボストンハーバー」の開業によって、1世紀以上閉ざされていた海岸線が一般に公開されます。質の高いホスピタリティと独特な魅力を有する「ウィン・ボストンハーバー」は、市の豊かな文化遺産と息をのむ自然の美しさを見事に融合させた設計となっています。総工費24億ドルをかけた「ウィン・ボストンハーバー」の開発は、忘れられない体験、広々とした客室、カジノ、レストラン、専門店、聖域ともいうべきスパをお客様にお届けします。

ウィン・リゾーツはミスティック川のウォーターフロントの建設現場で汚染土壌の浄化処理を行ってきました。この場所はハーバーウォークを通じて「ウィン・ボストンハーバー」につながる公園の敷地にあります。ボストンの美しい景色を活かした「ウィン・ボストンハーバー」の海岸線の公園や庭園はリゾートの至宝と言えます。ハーバーにつながる歩行者レーンと自転車レーン、ピクニックエリア、展望デッキ、イベント用芝地、レストランは美しい景色を織りなし、これらのさまざまな施設には世界中の人が集まり、地域社会や経済を活性化させるでしょう。 「ウィン・ボストンハーバー」はこのエリアに新たな息吹を吹き込むと同時に、インフラ整備も行います。ウィン・リゾーツは地域社会と協力しながら、都市交通の渋滞や排出ガスの軽減を目指します。ボストンハーバーに面するリゾートのエントランスまで、ゲストや従業員はヨーロッパ風の低いボートを使った水上交通システムでアクセスできます。

社会や環境に対する責任

世界に名だたるブランドとして、ウィン・リゾーツは戦略的なパートナーシップや多様なグループの設立、育成においても業界のスタンダードを確立する努力を続けています。これにはNPOやコミュニティベースの団体、政府機関や政治家、文化センターや学校、そしてウィン・リゾーツが事業を展開する各地域の教育分野のリーダーなどが含まれます。

ウィン・リゾーツの統合型リゾートの開発と運営では、環境の持続可能性の確保を重視しています。ウィン・リゾーツはお客様向けサービスと運営システムの両面で、環境に関する厳格な審査とプログラム開発を行っています。「ウィン・ラスベガス」はLEED認証ゴールドに相当する資格を得ており、再生可能エネルギーを積極的に利用しています。将来的な施設拡張の際には、再生可能エネルギーの100%利用を目指しています。

また、ウィン・リゾーツの環境対策は古くから行われており、エネルギー消費、排出ガス、水の使用、廃棄物の排出量、リサイクルにおいて高い成果をあげています。紙の使用量を削減する情報システムの改善と紙のリサイクルの推進をはじめとして、水の使用量が少ない生分解可能な製品の利用、環境にやさしい洗濯やドライクリーニングへの切り替え、リサイクル素材を使用した製品の積極的な導入を進め、環境にやさしいゼロエミッションリゾートを目指しています。
Green Our PlanetやHabitat For Humanityなど複数の団体とのコラボレーションや従業員プログラムを通じて、ウィン・リゾーツは環境や地域社会に対する責任を果たすための新しい革新的な方法を模索しています。