header

スティーブ・ウィン。「ラスベガスを変えた男」の物語。

ウィン・リゾーツのCEOで創業者でもあるスティーブ・ウィン。
リゾートとエンタテインメントにその人生を捧げ、40年以上に渡りラスベガスの最前線で走り続ける
彼の半生とともに、ウィン・リゾーツの歩みをご紹介いたします。

ラスベガスを変えた男、スティーブ・ウィン

  • “ごくありふれたホテルやカジノを、目もくらむような宮殿に生まれ変わらせ、”ラスベガスを永遠に変えた“ --フォーチュン誌
  • “世界で最も影響力のある100人の1人” --タイム誌
  • “ずば抜けたアイデアを持つセールスマンであるだけでなく、カジノ産業におけるもっとも優れたデザイナー” --タイム誌

スティーブ・ウィンはラスベガスで初めて統合型リゾートを開業し、ラスベガスを世界中から観光客が集まる街に変えた、統合型リゾートの先駆者です。
スティーブ・ウィンは1968年にラスベガスに移住後、1971年に「ゴールデン・ナゲット」の経営権を取得。ラスベガスとアトランティックシティの「ゴールデン・ナゲット」を、フランク・シナトラやディーン・マーティン、ライザ・ミネリなどのスターが出演するきらびやかなエンタテインメントリゾートへと変革させました。
1982年 : スティーブ・ウィンはゴールデン・ナゲットでフランク・シナトラをプロデュース。

その後14年間をかけてラスベガスで45万平方メートル(東京ドーム約9個分)の土地開発を行ったスティーブ・ウィンは、今日のラスベガスをつくった立役者と言われるようになりました。スティーブ・ウィンが1989年に開業した「ミラージュ」は投資総額約120億ドルのラスベガスでのリゾート建設ブームの引き金となり、ラスベガスはアメリカで最も人気の旅行先になりました。続いて、1994年には「トレジャー・アイランド」、1998年には「ベラージオ」をそれぞれ開業してタイム誌の表紙を飾りました。これらの統合型リゾートはいずれも開業直後から業界を席巻し、すべてのリゾートで例外なくゲーミング収益の新記録を樹立。ゲーミング以外の収益がゲーミング収益を上回りました。

2000年、スティーブ・ウィンはミラージュ・リゾーツを売却し、ウィン・リゾーツを設立。2005年に「ウィン・ラスベガス」、2006年に「ウィン・マカオ」、続けて2008年と2010年に「アンコール・ラスベガス」と「アンコール・マカオ」をそれぞれ開業しました。2016年にはマカオのコタイ地区に総工費44億ドルの「ウィン・パレス」をオープン。さらに、ウィン・リゾーツはマサチューセッツ州ボストン地区の独占ライセンスを取得し、2019年に「ウィン・ボストンハーバー」の開業を予定しています。 2019年 : 「ウィン・ボストンハーバー」を開業予定

スティーブ・ウィンは2007年にフォーブス誌の「資本主義の実業家25人」、2011年にバロンズ誌の「世界のベストCEO 30人」に選ばれました。2014年にはハーバード・ビジネス・レビュー誌の「世界のトップCEO 100人」の17位にランクイン。タイム誌は2006年にスティーブ・ウィンを「世界で最も影響力のある100人」に選出しました。

スティーブ・ウィンの指揮の下、「ウィン・マカオ」は世界最多の5つ星を、ウィン・リゾーツは世界の独立系ホテルの中で最多の5つ星をフォーブス・トラベルガイドで獲得しています。また、ウィン・リゾーツは8年連続でフォーチュン誌による「世界で最も称賛される企業」の1社に選出され、「CEOのスティーブ・ウィンはごくありふれたホテルやカジノを、目もくらむような宮殿に生まれ変わらせ、ラスベガスを永遠に変えた」と評されています。 2005年 : 「ウィン・ラスベガス」を設立

ラスベガスのエンタテインメント革命

1989年:ミラージュにて初の無料公開アトラクション、ボルケーノ(火山)を発表 スティーブ・ウィンは開業したすべてのホテルでラスベガスのエンタテインメント体験の定義を進化させてきました。「ミラージュ」の開業前にオーナーだった「ゴールデン・ナゲット」では、伝説の歌手、フランク・シナトラをプロデュースし、世界的に有名なエンターテイナーをラスベガスに招聘したパイオニアとなりました。
ラスベガス初の公開アトラクションとなった「ミラージュ」の「ボルケーノ」では、街を行き交う多くの観光客にエンタテインメントを提供。ラスベガスの大通りを、豪華な建物や風変わりな景色が立ち並ぶ現在の姿へと変貌させるきっかけとなりました。デビューからかなりの年月が経った今も、「ボルケーノ」はラスベガスの人気アトラクションです。

「トレジャー・アイランド」では、ラスベガスで初めてシルク・ドゥ・ソレイユのショーを招致。サーカスをベースとした刺激的なパフォーマンスは、世界中から観光客をひきつけました。その成功から大きな影響を受けたラスベガスの他のホテルも、その後次々とシルク・ドゥ・ソレイユのショーを開始するようになりました。
「ベラージオ」では、現在ではラスベガスを代表するランドマークとなった無料公開アトラクションを開始。人々は巨大な湖の前で立ち止まり、音楽に合わせて動く噴水ショーを楽しんでいます。
1998年:ベラージオにて新しい話題のエンタテインメント、噴水ショーを発表

クリックで拡大表示できます 「ウィン・ラスベガス」では、開業と同時にラスベガス最高評価を得た、水をテーマにしたショー「ル・レーブ:ザ・ドリーム」をスタート。また、「レイク・オブ・ドリーム」や「SWステーキハウス」のように食事をしながら楽しめるエンタテインメントも導入しました。
スティーブ・ウィンはカジノの街だったラスベガスを、多様なエンタテインメントやアトラクション、施設を体験できる新しいリゾートへと次々に変えていったのです。

ウィン・リゾーツのMICE対応

ウィン・リゾーツはエンタテインメントにつよいだけではなく、MICEにも対応したホテル事業をしています。スティーブ・ウィンはゴールデン・ナゲットにMICE施設を作って以降、ミラージュ、トレジャー・アイランド、ベラージオでもハイクオリティなMICE施設をホテルの中に作ってきました。そののべ床面積は100万平方フィートを越えています。「ウィン・ラスベガス」のMICEスペースは主として一流企業に利用されており、各企業の会議、プレゼンテーションの場として活用されています。 クリックで拡大表示できます

ウィン・リゾーツの歴史

1980
1982年 : スティーブ・ウィンはゴールデン・ナゲットで
フランク・シナトラをプロデュース
1985
1989年:ミラージュにてラスベガス初の大ヒットマジックショー
「ジークフリード&ロイ」をプロデュース
1989年:ミラージュにて初の無料公開アトラクション、
ボルケーノ(火山)を発表
1990
1992年:トレジャー・アイランドにてラスベガス初となる
シルク・ドゥ・ソレイユのショーを発表
1995
1998年 : ベラージオのエンタテインメントとして花のディスプレイを発表
1998年:ベラージオにて水をテーマにした
シルク・ドゥ・ソレイユのショー、「O(オー)」を発表
2000
2005
2005年:「ウィン・ラスベガス」にて、ラスベガス
最高の評価を得たショー、「ル・レーブ」をスタート
2005年:食事しながら楽しめるエンタテインメント、
レイク・オブ・ドリームスを発表
2008年:ウィン初の大規模ナイトクラブ、
XSナイトクラブをオープン
2010
2013年:ラスベガスで花の彫刻を発表
2015
2016年:3.2万平方メートルのパフォーマンス・レイク
を横断するスカイ・キャブのある「ウィン・パレス」開業
2016年:「ウィン・パレス」のSWステーキハウスで
食事をしながら楽しめるエンタテインメントを発表

スティーブ・ウィン ラスベガスを語る

  • 新しいラスベガスの夜明け前
  • ウィン・リゾーツ 成功の鍵
  • ビジネスにマジックを起こすシンプルな方法
閉じる
閉じる